Awesomeのある日々を求めて

Awesomeのある日々を求めて

クラウドの言葉に「戦う」ことの大切さを改めて考えさせられた

クラウドの言葉に「戦う」ことの大切さを改めて考えさせられた

今の自分に満足していますか?

こんにちは、Heywaです。
突然ですが、今の自分の状況に満足していますか?
私はNoです。
日々の仕事や雑事に翻弄され、
「自分のやりたいことができている」という実感がまるでありません。
現状維持、生活していくだけで精一杯。
私事なのですが、最近引越しをしたことでお金もなくなり、
精神的にも余裕がなくなってきました。
困りました。

結局、「戦う」しか無い

ならばどうするか?
答えは一つ、「現状」と「戦う」しかありません。
「何もしない」こと、「現状維持」で精一杯というのが一番の悪だということに気づきました。
というか思い出しました。まあ当たり前ですよね。
「それで?」「だからなに?」って言われそうです。
なんでだろう?と考えてみました。
結論として、最近、「闘志」みたいなものが衰えていたんですね。
よく、仕事や趣味に対して「情熱を注ぐ」とか「熱意をもってやる」とは言いますが、
「闘志を燃やして」などとは言いません。
しかしながら、行動を起こす上で「闘志」も大変重要な要素であると私は考えています。
現状と戦い、打破していきましょう。
今日あなたにお伝えしたいのは、
「そんなに悪く無い現状」との戦い方についてです。

誰にも覚えてもらえない人間でいいのか?

なんでこんなことを考え始めたのかというと、
ふとしたきっかけで「FFVII REMAKE×メビウスFF」のCMを見たんですね。

そこでクラウドが言うセリフに心を動かされたのがきっかけです。

『戦わない者の名は、誰も覚えない』

本当にその通りなんですよね。
戦わないやつ、挑まないやつって、結局誰からも覚えられない。
FF7をプレイした僕が思う、
クラウドというキャラクターの魅力の一つは「弱さ」だと思っています。
そんな彼が言うセリフなので、妙にしっくりきました。
と、そこまで考えてから、更に考えたんですよ。
「自分は戦っているのか?」と。

まあ、会社は「戦わない」人間だらけなんだけとね!

部署や社風によるとは思いますが、
「戦わない」人間って会社にはたくさんいると思うんですよ。
私の会社でも居ます。
毎日決まった時間に来て、決まった仕事をして、決まった時間に帰る毎日を送る人もいます。
あるいは、自分の保身を第一に考える「守り」に入った人間もいます。
二十代の後半の頃は(という言い方をするほど過去のことでもありませんが)、
そういう人になりたくないなって思って仕事をしていました。
しかしクラウドのセリフを聞いて、
「今の自分ってどうなんだろ」って改めて考えてみようと思ったんですよね。
風呂の中で20分ほど自分会議してみました
結論として、二十代の頃よりも戦ってないな〜って思いました。

悪くない現状に満足している

なんでだろう。
原因は単純、「そんなに悪く無い現状」に満足しちゃってるからなんですよね。
もちろん、仕事なのでストレスはあります。もう辞めたいと思うことなんてしょっちゅうです。
毎朝は必ず「仕事に行きたくない病」にかかるくらいです(笑)
しかし、20代のころよりも慣れてしまっているのかもしれません。
『仕事は楽しいかね』でもあったと思いますが、
「毎日違ったくだらないこと」が起こるわけではなく、
「毎日似たようなくだらないこと」が起こっているわけで、
それに対する心の反応というか、物事に対するリアクションが薄くなってるんですよ。

いつも心に闘争心

というわけで、クラウドの言葉に心を動かされたHeywaでした。
「これじゃあいかん!」と思い直しました。Awesome!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top