選んだあとで、それを正しいものにしていく力

雑記帳
スポンサーリンク

遅れましたが、心に残ったので再リツイート。ブログでもメモ。

きっかけはマフィアさんのこのツイート。

「大切なことは選んだ選択肢を正解にし、成功につなげること」が大事。

このツイートを見たとき、漫画版『紅』で登場する柔沢紅香の言葉を思い出しました。

「人生には無数の選択肢がある。だが正しい選択肢など一つもない」

「……全部間違いなんですか?」

「ちがうな」

「選んだあとで、それを正しいものにしていくんだ。」

すこし違うが、原作版でもほぼ同じ言葉を使っている。

このページを見たとき、鳥肌が立ったのを覚えています。

僕がこの漫画を読んだのは大学生のころでしたが、

その頃から「選択を正しいものにしていく力」が欲しいと思い、

本を読んで学習したり、努力を続けてきた。

PVマフィアさんの言葉は、その大切さをもう一度思い出させてくれた。

僕がここでいう正しい、間違っているというのは、思い描いた方へ着地させる」ということ。成功・失敗と考えていい。
意思決定の質を高めることが重要ということをブログに書いのも一つだ。

「意思決定の質」についてメモ
こんにちわ、Heywaです。 PM試験の勉強をしていたのですが、 午後1試験の問題を選択するノウハウのところでとてもいい言葉を見つけたのでメモ。 以下、『“読むだけ”で、合格へまっしぐら!! プロジェクトマネージャ 午後Ⅰ...

「正確性」を上げることが目的じゃない。意思決定をしたあと、
それを正しくしていくための技術がほしいと思って書いた。
マフィアさんのツイートで、自分の自己投資への考えが少なくとも間違いじゃないのかなと思うことができた。

ありがたいことです。
もしこのセリフが気になった人は、漫画版の3巻まででいいので読んでいただければ幸いです。

コメント