Amazon Product Advertising API:使えるSort順を調べる

小技・無駄技
スポンサーリンク

最近Amazon Product Advertising APIを触っていて、

リクエスト時に使えるソート順がわからなくて困ったのでメモです。

APIを叩いてソート順が無効でエラーになったり、

別の並び順のほうが欲しい情報が得られるのではと思ったときは試してみましょう。

スポンサーリンク

ブラウズノードごとのソートできる並び順を知る

 

使えるソート順を知るにはテストツールでわざとエラーを出力して調べてみます。

 

ソート順を指定してリクエストを投げてみます。

 

API全体で指定できる全ソート順は公式のドキュメントにあります。

『ItemSearch Sort Values』

https://docs.aws.amazon.com/AWSECommerceService/latest/DG/APPNDX_SortValuesArticle.html

使いたいソート順が使えれば良し。

使えない場合、以下のような感じで怒られます。

 

 

怒られたらメッセージを見ます。僕の場合は以下のようなものでした。
『Sortに指定した値は無効です。‘salesrank’,’pricerank’,’inverse-pricerank’,’daterank’,’titlerank’,’-titlerank’,’price’,’-price’,’-publication_date’,’-unit-sales’などが有効な値の例です。』

怒られたらそのとおりに使えるソート順を指定してあげれば大丈夫です。

 

コメント