pydriveで「エラー 400: redirect_uri_mismatch」

スポンサーリンク

googleドライブへ自動でファイルアップロードしたかったので、

以下のURLを参考にPythonのpydriveを使ってスクリプトを作成していたが、

GoogleのAPI認証のところが最新のUIと異なるのか、うまく設定ができない。

 

Python, PyDriveでGoogle Driveのダウンロード、アップロード、削除など | note.nkmk.me
PyDriveはgoogle-api-python-clientのラッパーライブラリ。これを利用するとPythonからGoogle Drive APIを簡単に処理できる。gsuitedevs/PyDrive: Google Drive API Python wrapper library Welcome to PyDr...
Python, PyDriveでGoogle Driveのフォルダ作成、ファイル移動、一括処理 | note.nkmk.me
PyDriveを使うとPythonからGoogleドライブを簡単に操作できる。ここでは、Googleドライブ上のフォルダ関連の操作について説明する。Googleドライブにフォルダを作成 ローカルのファイルを指定のフォルダにアップロード Googleドライブのファイルを指定のフォルダに移動 Googleドライブのフォルダ...
【Java】Google Drive APIでGoogle Driveに接続する方法 | オプティマル・システムデザイン・ワークス
最近Google Drive APIを利用する機会があり、API利用までの手順がやや面倒でしたので、備忘録を兼ねてご紹介したいと思います。 プログラムのサンプルはJavaですが、基本はGoogleから提供されているサンプルがベースになります。 API利用までの事前準備は他の言語においても共通になりますので、他の言語...
ゼロからはじめるPython(16) ゼロからはじめるPython 第16回 PythonからGoogleドライブを操作しよう(その1)
Pythonには多様なライブラリが用意されているので、様々な分野で活用することができる。今回は、Pythonからオンラインストレージの「Googleドライブ」を操作してみよう。PythonからGoogleドライブにアクセスできれば、任意のタイミングでクラウドにデータをアップしたり、定期的にファイルを更新したり、とアイデ...

スクリプトを実行するとブラウザで以下のようなメッセージが出る。

正しければここでブラウザからgoogleドライブのアクセスを許可することができるはずなのだが。

エラー 400: redirect_uri_mismatch
The redirect URI in the request, http://localhost:8080/, does not match the ones authorized for the OAuth client. To update the authorized redirect URIs, visit: https://console.developers.google.com/apis/credentials/oauthclient/${your_client_id}?project=${your_project_number}

 

 

スポンサーリンク

原因と対処

作成時、「ウェブアプリケーション」を選択していた。

 

リダイレクトURLは確かに設定していない。が、わからない(笑)

Pythonスクリプトから使う場合、

アプリケーションの種類では「デスクトップアプリ」を選択するのが正解だったよう。

認証情報を作り直し、再度IDやシークレットIDを再設定したところブラウザで許可の画面がでて次にすすめるようになった。

 

 

 

スポンサーリンク
Python 技術的なこと 雑記帳
Heywaをフォローする
Awesomeのある日々を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました