Chromeが「重い」ときに設定してみるとよさそうな省メモリモード

技術的なこと
スポンサーリンク

12月頃に以下のような情報を目にして、実装されたらやってみようかと思ったのですが、

Google Chrome、最大10GB削減できる省メモリモードと省エネモードを実装へ
 Googleは8日、Webブラウザ「Chrome」のデスクトップ版に、最大で40%/10GB分のメモリを削減できる省メモリモード(Memory Saver modes)と、バッテリ消費を抑えられる省エネルギーモード(Energy Saver modes)を実装することを発表した。今後数週間のうちにWindows、ma...

どうも実装された様子。

Chromeの「メモリセーバー」におまかせ! メモリ消費を節約できる新機能【今日のワークハック】 | ライフハッカー・ジャパン
Chromeによる大量のメモリ消費を節約してくれる新機能「メモリセーバー」をご紹介します。
スポンサーリンク

Chromeのメモリ使用量を削減できる?試しに設定してみる

早速試してみたいと思い、上記の記事の通りに以下の手順でまずは変更します。

私のChromeのバージョンは以下の通りで、23年1月6日現在で最新のバージョンです。

事前に更新しておいたほうがいいと思います。

1.「chrome://flags/」とアドレスバーに入力し、エンターキー押下。

2.「high efficiency mode」を検索。

3.「Enable the high efficiency mode feature in the settings」(結構下の方)からプルダウンで「Enabled」を選択。

4.「Relaunch」をクリックしてChromeを再起動

下図はプルダウンを押したところです。

まだ終わりではありません。この状態で「設定」画面に行くと、

「パフォーマンス」の項目が増えているので、「メモリーセーバー」のスライダーをオンにして有効化して完了です。

 

しばらく様子見してみたいと思います。

あまり使っていないタブのメモリが開放されるようなので、そういった拡張機能を入れている人は不要かもしれません。

 

スポンサーリンク
技術的なこと 雑記帳
Heywaをフォローする
Awesomeのある日々を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました