無料のAWS資格試験の公式模擬問題集

技術的なこと
スポンサーリンク

仕事でAWS認定試験の勉強をしているのですが先日AWS公式から無償の模擬問題集がリリースされたとのお話を聞いて、早速やってみました。

AWS認定10資格について模擬試験が無料/解説付きで公式からリリースされたので受けてみた | DevelopersIO
AWS認定資格の無料模擬試験の受験レポートです。目指せ11冠!
https://twitter.com/kuwablo/status/1460752040230014981?s=20

 

スポンサーリンク

クラウドプラクティショナー、ソリューションアーキテクトだけではなく、プロフェッショナル資格の問題もある!しかも無償!

模擬問題にチャレンジできる資格のリストは以下の通りです。

AWS Certified Cloud Practitioner Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Data Analytics – Specialty Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Database – Specialty Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Developer – Associate Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified DevOps Engineer – Professional Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Machine Learning – Specialty Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Security- Specialty Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Solutions Architect – Associate Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified Solutions Architect – Professional Official Practice Question Set (Japanese)
AWS Certified SysOps Administrator – Associate Official Practice Question Set (Japanese)
よく受験されている、
・クラウドプラクティショナー
・ソリューションアーキテクト  アソシエイト
・SysOps アドミニストレーター  アソシエイト
・デベロッパー – アソシエイト
に加えて、
・ソリューションアーキテクト  プロフェッショナル
・DevOps エンジニア  プロフェッショナル
のプロフェッショナル領域の資格と、ネットワークを除いた専門領域の資格もありました。
各々の20問ではありますが、現在の自分の学習状況を確認する分には十分ではないでしょうか。回答後にきちんと解説が表示されるのも非常に嬉しいです。
公式の模擬問題(有償)も受けてみましたが、正答率しか表示されなかった気がするので、心もとなかったです。解説が欲しかったので、結局以下のような本を購入して勉強しました。

受験方法

以下のURLから受験できます。
Loading

サインインかサインアップを求められますので、いつものAmazonのアカウント(AWSではない)でログインしました。

先程のページに戻ると、右側にある「アクセス手順」から受験方法をか確認します。

あとは、記載されている案内の通りにすすめていくだけで大丈夫でした。

1.amazonwebservices.benchprep.comに移動します。
2.[Redeem Access] (アクセスコードの適用) をクリックします。
3.次のコードを入力します: FQS-JA17DC4E968B
4.プロンプトに従って、姓名と E メールアドレスを使用して BenchPrep アカウントを作成します。
5.BenchPrep プラットフォームを入力します。プラットフォームが、ご使用の言語で AWS Certification Official Practice Question Setsを起動します。
間違った言語が表示された場合は、言語を変更してください。 画面の右上隅にあるユーザープロファイルアイコンを選択します。次に、[Japanese] (日本語) を選択します。

最終的には以下の画面から資格を選択する画面になりますので、選択すると試験画面に移行します!

 

有料の模擬問題ではUdemyがおすすめ

20問解いただけでは受からないので、

更に多くの問題を解いて行きたい場合はUdemy
の講座がおすすめです。

問題集を購入するよりも安価な場合があり、問題数が豊富なのも嬉しいです。

私も以下の模擬問題を購入して繰り返し受講して、ソリューションアーキテクト アソシエイトになんとか合格できました。

Udemy


スポンサーリンク
技術的なこと 雑記帳
Heywaをフォローする
Awesomeのある日々を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました